ネットビジネス向けクーリングオフ基礎知識。弁護士さんから聞きました。

クーリングオフとは

よく耳にするクーリングオフって一体なんでしょうか?

クーリングオフとは、何かを契約した際に
後で解除する権利が与えられていることを言います。

 

例えば、あなたの自宅にセールスマンがいきなりセールスをかけてきて
訪問販売を受けて勧誘されるとします。

de01

そこで自分の意思がはっきりしない状態のまま
話の流れで契約の申し込みをしてしまった場合、
あらためて再考する機会を与えられるために
導入された法制度のことなのです。

 

普通は一度契約を結び、後日あなたの都合で

「やっぱり契約するのやめます」

ということはできないのです。

de02

ですが、このクーリングオフを適用することで、
あなたが企業・業者との間で締結した契約自体を
一方的に解除できるようになってます。

de03

なぜこんなものがあるのでしょうか?

 

それは、消費者からすると

「業者からの一方的なセールス文句を浴び続け、
その勢いでついつい契約してしまった!」

なんていうことがあるかもしれませんよね。

 

それはいわゆる、

「冷静な判断ができない状態だった!」

ということになります。

de04

さきほどあげた訪問販売は冷静になって判断できずに
契約してしまったということに他になりません。

 

と、言ったようにある意味、
不意打ちにも近い販売方法になってしまうと、
消費者からすると契約の意思が明確な状態ではなく、
とても曖昧な状態になったままお申し込みをしてしまいがちです。

 

もちろん詐欺や脅迫といったような勧誘をする販売方法で
思わず契約をしてしまうというケースもあります。

de05

また保険契約といった、詳しい内容を充分に理解していないまま
契約してしまう恐れもありますよね。

 

このように、消費者と業者との間では、
どうしても情報や交渉力に格差が生じてしまいがちです。

 

消費者が業者とが平等の知識を持ち、
双方が納得して契約できる状態とはほど遠い局面になれば、
圧倒的に不利になってしまうのは消費者の方です。

 

そこで法律ではこの部分の解決策として、
あなたを守るためにクーリングオフという権利を規定したのです。

de06

このことを考えるとクーリングオフは、つい勢いで契約してしまい、
後で間違って契約してしまった時のための回避方法としての
消費者が持つ奥の手に近い部分もありますね。

 

クーリングオフの適用となるものは

ではクーリングオフが適用されるのは
どんな販売でもありうるのでしょうか?

 

さきほども述べた通り、Cooling Off(=冷静になって考えてやめる)

ですからそれ以外のものには適用されません。

 

それでは気になるネット上での情報商材の販売はどうなるのでしょうか?

de07

ネット上の情報商材は「通信販売」になります。

 

この「通信販売」は前章で述べた訪問販売のように
クーリングオフは適用されるのでしょうか?

 

実は「クーリングオフ適用外」になります。

 

これは通信販売自体が訪問販売とは違い
あなたが「冷静になって考える」ことができるからです。

 

どうして冷静になって考えることができるのかというと…

 

先ほどの訪問販売の場合は
あなたと対面して一方的にセールスをかけられ、
その勢いで思わず契約してしまった!

 

ということでしたよね。

 

では通信販売ではどうでしょうか?

 

あなたに直接会って
一方的にセールスをかけられている訳ではありません。

 

つまりCooling(=冷静になって)になっている状態で
契約を決断している状態になります。

 

ですので、ネット上での情報商材の販売においては
基本的にクーリングオフは適用されません。

de08

ですが、ここで注意点として…
もし、あなたが情報商材を作り販売しているのであれば
その商材を販売しているインターネット上のホームページなどに
「クーリングオフできません」と一言書いておきましょう。

 

でないと、クーリングオフできてしまうのです。

 

この部分を表記されているかいないかで
「おっ、この人は法律をしっかり学んでいる人だな」
というふうに見られるかの判断基準にもなりかねません。

ですので、しっかりと書いておきましょう。

 

また、よくあるのが電話販売でもクーリングオフは適用されるんでしょうか?
というものですが、適用されます。

de09

これも同じようにCooling(=冷静になって)になってませんよね。

電話口からどんどんセールスをかけられている状態です。

 

あなたはそのセールス文句に熱くなってしまい、
冷静になって判断できない状態でしょう。

 

と、ここまで書けばだいたい
Cooling Offが適用される基準はわかりましたよね。

 

要はあなたが

「熱くならず冷静になって物事を考えられるか考えられないか」

といったのが判断基準になっているのです。

de10

Q. ちなみにクーリングオフってどのくらいの期間、有効なんでしょうか?

A. その書面を渡した日から8日間になります。

(※実はその書面を渡さないといつでも適用されてしまうのです。)

 

著作権について

ここではネットビジネスの観点から見た著作権について書かせていただきます。

 

著作権は

「個性があるものに著作権がついてくる」

のです。

de11

ネットビジネスで言うと、
著作権として大きく関わってくるのは「文章」ではないかと思います。

 

では、その文章ですが、あなたが一生懸命書いた文章
これは当然あなたの個性が入るので「著作権」が発生します。

 

例えば、あなたが書いたブログ記事を
誰かがそのままコピペして使おうものなら、著作権の侵害に当たります。

 

その文章をあらかじめ保存しておけば証拠として使うことができるでしょう。

 

ですので文章に関しては、文章コピーには充分注意してください。

誰かの文章をそのまま載せるなんてことは絶対にやらないでください。

de12

ただ、こう書いてしまうと

「文章が書けなくなるじゃないか」

といった意見もでそうですよね。

 

実はそういったことではありません。

 

例えば、世の中にある様々なアイデアや手法。

そのアイデアに関しては、あなたが自分なりに頭で考えて解釈し、
自分の文章で書き起こしていけば…
これは特に著作権の侵害には当たりません。

 

ですので、ある方の本を読んだとするならば、
その書いてある内容を自分なりにまとめて、新しく書き起こした文章であれば
あなたの個性がついた文章になります。

 

これは著作権侵害には当たらないのです。

 

誰かが書いた記事を自分なりに解釈して書き直す
(リライトと呼ばれています)ことは著作権侵害にはなりません。

 

記事の「タイトル(題名)」の著作権はどうなるんでしょうか?

 

記事のタイトルは短いですよね。

ちょっと意外なことかもしれませんが、
これは個性が入っているかどうかの判断でいうと
「入っていない部類」に入ります。

 

ですので、記事のタイトルに関しては「著作権侵害にならない」のです。

これにはびっくりです。

 

基本は文章(記事内容)にかかってくることですので、
この点に気をつけながら書いていけば問題ないですね。

 

あなたもこれで著作権はマスターしたと思いますので、
上記のことを守りながらガンガン文章を書いていきましょう。

 

まとめ

クーリングオフ、そして著作権。

日常でもよく聞く言葉だと思いますが、
言葉だけ知っておくよりも中身まで知っておくとだいぶ変わります。

 

よく知ろうと思ってもこういった文面が載っているものは
文章だらけで読むだけでも疲れてしまうくらいです。

 

私も一度読んで疲れてしまった思い出があります。

 

今回は現役の弁護士さんから直々に教えてもらい、その内容を解釈して、
さらに楽しく読んでもらえるようにマンガを載せて記事にしてみました。

 

普通に勉強するとどうしても堅苦しい分野です。

 

ですが、ネットビジネスをしていく上で知らないでは済まされない
非常に重要な内容ですので、是非頭に入れていただけたらと思います。

月収100万を目指す!独立・個人で収入を伸ばしたい、自分自身の力で自由に生きるためのインターネット集客活用法


個人で活動したい!独立したい!
まずは副業からはじめたい!
自分らしい人生を歩むため第一歩を踏み出しましょう。

2 件のコメント

  • 松橋さん、おはようございます。

    クーリングオフと著作権のこと、
    漫画入りでよくわかりました。

    情報商材の場合、クーリングオフできません
    と書いてないと、できるのですね。
    情報商材買う時、冷静に判断できなくなって
    るときがあるので、知っておくと役に立ちそうです。

    タイトルは著作権侵害に当たらない
    というのには、びっくりです。
    これも知っていると役に立ちそうです。

    応援完了しました。

    • ヤスさん、コメントありがとうございます。

      情報商材の場合もクーリングオフできませんと表記しないとできるそうなので、
      書いておいたほうがいいですね。

      タイトルは文字数が少ないので著作権侵害の部類に入らないそうです。
      応援ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    松橋悠希(ゆうき)

    東京駒込にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。