挫折する人は知らない真実

今日は「ビジネスの真実について」書いていきます。

今回お伝えすることは、ビジネスでうまくいかない人は
全員知らないとも言える内容になっております。

ビジネスである程度以上稼いでいる人だけが知っている、

というよりこういった人達からすれば当然という項目です。

つまり、これから書く

「ビジネスの真実」

を知らない限り、成功することはできません。

そんな至極の情報をブログの読者さんだけにお話します。

逆にいえば、このことを知り、
しっかり努力を積み重ねていけば成功にかなり近づきます。

このことを知らずにビジネスを始めて続けていったとしても
ただただ無意味な労力と時間を費やすばかりでうまくいきません。

人生を楽しく自由に、友達や恋人と気軽に会え、
充分な時間が得られるような
そんなふうなビジネスを展開していってほしいのです。

無意味な努力に時間を費やさないでください。

それではその真実とは何か?

いきなりですが「スーパーマリオ」というゲームを
やったことがありますでしょうか?

障害物があったり、敵が出てきたりするあのマリオです。

ジャンプして穴を飛び越えたり、
土管に入ったり、火の玉を避けたり…

こんな感じでマリオの前に
ありとあらゆる障害物が現れるゲームなわけですが。

このゲームがもし、ただ平坦で
全く敵がいなかったとしたら一体どうなるでしょうか?

はっきり言って全然面白くないですよね。

なんにも障害物もないので、
あとはひたすらダッシュしてゴールです。

こんなマリオだったらどうでしょうか?

つまらないから、やらないほうがマシ
とでも言うかもしれませんね。

そう、これは色々な障害物や敵がいるからこそ楽しいんです。

また、別の例として
お正月にやっている箱根駅伝も同様です。

予選から勝ち上がる
それだけでも大変なのにチーム内での激しいレギュラー争い

そこからさらにエントリーされ、
実際に走れるのはたったの10人。

そんな狭き門だからこそ、みんな頑張る。

箱根駅伝で走れるということは
限られた大学でしかできないことなのだから
みんなそのために毎日必死に練習をする。

そこには最高の指導者がいて、
いくらマラソンで速く走れるコツを教わったとしても、
自分自身が練習に練習を積み重ねていかない限り、
箱根駅伝という舞台に立つことはできないのです。

同様に自転車に乗ることも同じです。
初めて自転車に乗ったときのことを思い出してみてください。

サドルに座って、ハンドルを握ってペダルをこぎだす。

そのうち補助輪を外し、誰かに自転車の後ろを持ってもらいながら、
転ばないように少しずつ補助なしでこげるようにしていく。

誰かに教わって、
でも何度も何度もうまくいかずに転びましたよね。

やり方はわかっているのにできず、
何度も何度も練習をして、
やっとの思いで乗れるようになったはずです。

「方法が分かっていても、最初からできるわけではない」
「自分で努力して初めて、できるようになるんです」

これは、みんなわかっていることなんです。
もちろん、あなたも理解しているはずです。

みんな理解しているはずなのですが、
これがビジネスになると、

『ノウハウさえ知ることが出来れば稼げる』

と思ってる人が多くないですか?

これは私も経験しました。

「そんな心構えなんかいいから、やり方教えてほしい」

こんな人がいたのですが、
そういう人に限ってその後、全く連絡もなくなってしまいました。

恐らく、何にもやってないのだと思います。

大して壁にもぶち当たらず、つまずくこともなく、
サラッと稼げちゃうと思っている人が
なんでこんなにも多いのでしょうか?

有り得ません。

ちょっと厳しいことをいうようですが、
何をやるにしても最初から楽して稼げるなんてことはありえません。

これがビジネスの真実です。

それなのに、いちばん最初の部分。
コツコツ積み上げていく基盤作りの段階。

この時期は結果が出なくて最もつらい時期です。

その段階の時点でやめる人がどれだけ多いことか。

ビジネスという山登りをしているとしたら、
まだ本格的な登りに差し掛かってもいないのに、
少しの坂で引き返してくる人が多いのです。

山に到達することなく、
まだ林にいる段階で引き返してきた人は

「登山、思っていたよりつまんなかった。
もう登山は面白くないからやらなくていいや」

ということになります。

これはすごくもったいないと思います。

その林さえ抜ければ、遠くの景色もよく見えるようになるし、
色とりどりの草花や川のせせらぎが聞こえ
頂上も次第に見えてドンドン進んでいけるというのに。

最初の時点、いちばん頑張るべきところで飽きてしまう。

こういった経験あったりしませんか?

これはビジネスに限らずです。

「ノウハウさえ分かれば誰でも楽に稼げる!」

こんな幻想は今すぐ、抹消してください。

偉そうなことを書きましたが、私も一緒でした。

「ノウハウさえ教えてもらえば、あとはすぐに稼げるようになる」

そう思っていました。

以前、FXにちょっとだけ手を出したことがあるのですが、
マニュアル通りにやっても一向にうまくいかない。

「これでどうやって稼げばいいんだよ?」

パソコン画面を見ながら
これはやられたとかやり方がおかしいとか言ってました。

でも、そんなのは自分がただ甘かっただけなのです。

これで稼げると思ってなんにも考えず適当にやっていたからです。

最初から楽して稼ぐことなんてできません。

でもはじめだけしっかり頑張れば、あとはだんだん楽になるんです。

そこまでいけばしめたものですよ。
面白さがわかってくるのもこのあたりからです。

今まで私が出会った人でこんなエピソードを聞いています。

いじめられ続け
それに奮起して起業はしたものの全くうまくいかず。
さらに騙され続けて友達を失ったが、
1年後に師匠に出会いようやくうまくいった。

20歳で借金2000万以上。
日雇いバイトをする傍ら、
寝ずにパソコンの前で作業をしつづけ、食事はカップ麺。
ネットから収益を出し借金を見事に返済した。

44歳で会社をリストラされ、
借金4800万円を背負うが
そこからメンターに出会ったのが
きっかけで一気に人生逆転した。

などなど、みんなこんなふうにしてかなりの苦労をしているんです。

ノウハウさえわかれば絶対に稼げる!
そんなことはありえません。

そんな甘い幻想は早いうちに切ってください!

でも、ここで話を終わらせてしまっては

「やっぱりビジネスで成功するのはきつそうだな」

と、思ってしまう方もいると思います。

確かにいままで書いたことは紛れもない真実です。

ですが、もう一つ真実があるんです。

それは

「楽して稼ぐことはできないけど、楽しく稼ぐことはできる!」

ということです。

なにかを始めたら、失敗は付き物です。
挫折もします。そこから逃げたくもなります。

本来、前進するというのはとてもつらいものなんです。

でも、それは言い換えれば「楽しむことができる」のです。

成功者は誰もが通ってきた道なんですから、
失敗するたびに

「今、前に進み続けている。問題ない」

と、思ってください。

こんなこと書きましたが、冗談じゃありません。
本気でそう思ってください。

そうしたら楽しくなりませんか?
やりがいが出てくると思いませんか?

この失敗を糧に次は絶対に成功させてみせる
という気持ちになると思います。

自分が目指す夢に一歩一歩近づいてると思ったら楽しいですよね。
ウキウキすると思います。

今、メディアで取り上げられている著名な方々も
最初は前が見えない林の中をもがいてもがいて
ようやく山の頂上まで突き抜けたんですよ。

ですので、もしあなたがビジネスを実践していて、
目の前に全くといっていいほど障害物が無かったら、
それは間違った方向に進んでいると思ったほうが良いかもしれません。

そのくらいビジネスをやっていると
多くの壁にぶつかりますし落とし穴にも落ちるのです。

でもそれは当然のことで、誰しも目の前に来た多くの障害物を
なんとかして乗り越えて成功しているんです。

これも考え方ひとつです。

目の前に大きな壁が来たら、
『自分は成功への道を歩んでいるんだ!』

そう思って、マリオのように乗り越えて進んでいってください。

穴に落ちようが、火の玉にぶつかろうが、
クッパにやられようが大丈夫です。

何度も何度もやり続ければいつかクリアできます。

「ビジネスは楽な世界ではない」
「最初から楽に稼ぐことなんてできない」

でも

「楽に稼げなくても、楽しく稼ぐことはできる!」

その真実を心にとどめて諦めずにやり続けましょう。

今回も読んでいただきましてありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

松橋悠希(ゆうき)

東京駒込にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。