ドメインの基礎知識。難しそうなドメインをわかりやすく解説します。

今回はドメインについての基礎知識を丁寧に解説いたします。

ドメインはインターネットやメールを使う上での基本になりますので、
是非理解していただきたいところです。

ドメインとは、わかりやすく言い換えるとインターネット上の「住所」にあたります。

ドメインとは?

例をあげてみましょう。

ブラウザを立ちあげてホームページを閲覧します。

そうするとアドレスバーにホームページのアドレス(URL)が表示されます。

 

パソコンでも、スマートフォンでも、
ホームページのアドレスは表示されているのを見ると思います。

例 : http://www.yahoo.co.jp/

「www」がホスト名
「yahoo.co.jp」がドメイン名です。

アドレスは「 http://www. 」から始まっていますが、
その次に続いていく英数字の組み合わせ
「 yahoo.co.jp 」という部分がドメインになります。

このドメインの末尾は、
.com .net .info .org .biz .mobi .asia .jp .co.jp .ne.jp
などで終わるようになっています。

こちらはご自身できめることができます。

 

ドメインで使用できる文字は英字(a~z)、数字(0~9)、ハイフン( - )で
これらを組み合わせます。

文字数は63文字以内。
このドメインは絶対重複しないようにできているため、
取得しますと世界中で唯一のドメインということになります。

サブドメインとは

ドメインに対して、サブドメインというのもしばしば聞くこともあるかと思います。

こちらもドメインがわかってしまえば非常にわかりやすいです。

 

さきほどのヤフーさんで説明していきます。

yahoo.co.jp

これがドメインでしたね。

 

それでは同じヤフー内のサービスにあります

『ヤフオク!』や『ショッピング』『GYAO!』など

これらの項目にページに移動すると
ドメインが以下のようになっていることが分かります。

『 auctions.yahoo.co.jp 』
『 shopping.yahoo.co.jp 』
『 gyao.yahoo.co.jp 』

こちらを見るとわかりますようにドメイン(yahoo.co.jp)の前に
「auctions」「shopping」「gyao」とありますね。

これがサブドメインというものになります。

 

サブドメインは本来のドメインを補うものであり、
下位のものという意味があります。

そのドメインの所有者がサイトの管理・運営上の理由から
サブドメインを設定して使っています。

ディレクトリとは

ディレクトリについて。

ディレクトリとは、ドメインの後に続くスラッシュ以降の文字列のことを言います。

 

こちらはワードプレスサイトを見るとわかりやすいです。

当ブログで確認してみましょう。

 

当ブログのドメインは

『 irohayuki.com 』

です。

 

ディレクトリは

『 irohayuki.com/category/ 』

といったものになります。

このようなドメインの後に続く『category/』の部分をディレクトリと言います。

 

先に書いた、サブドメインと同様に、
そのドメイン所有者がホームページのカテゴリー分けや
管理・運営上の理由でディレクトリを設定して使っています。

独自ドメインとは?

独自ドメインは、有料で取得したドメインです。

つまり、自分で管理しているドメインのことを言います。

『http://○○○.com/』

この○○○の部分に好きな文字を入れて使うことができるようになります。

「.com」のような末尾のドメインも数多くあります。

 

また、ホームページを提供しているプロバイダ、
あるいは無料のブログサービスにおいては、
プロバイダやブログサービスの提供事業者が、
ドメインとホームページやブログのスペースをセットにして
貸出しているものがあります。

 

ブログサービスで言うとアメーバブログ(アメブロ)です。

http://ameblo.jp/○○○/

ドメインは『ameblo.jp』でアメブロのドメインのディレクトリ部分に
好きな名前を入れてブログ運営ができます。

シーサーブログでは

http://○○○.seesaa.net/

こちらはサブドメインに好きな名前を入力できます。

 

このような場合ですと、
ホームページやブログのスペースを借りているので、
独自ドメインではないということになります。

独自ドメインというのは、
割り当てられたドメインとは全く別の有料で取得したドメインということになります。

最近では、プロバイダのホームページスペースやブログサービスでも、
独自ドメインと結び付けができるものが増えてきています。

この場合、ご自身でドメインを取得しましたらDNS設定を行うことにより、
取得した独自ドメインからホームページスペースや
ブログサービスに設定して運営ができるようになります。

 

個人で取得できる末尾のドメインは以下のようなものがあります。

.com .net .info .tokyo .org .biz .jp

会社や法人・機関などに限定されているのが下記のようなドメインです。

.co.jp .ne.jp .or.jp .go.jp .ac.jp

会社や法人になりますと、
会社のホームページなら .co.jp、
携帯電話のアドレスは .ne.jp、
大学のホームページなら .ac.jp
などに割り当てられます。

すべて取得されたドメインは独自ドメインで、
会社組織の場合は、独自ドメインのことを『自社ドメイン』ともいいます。

 

また、一般的に独自ドメインを取得しますと、
独自ドメインのURLでホームページ公開ができる以外に、
独自ドメインのメールアドレスを使うことができるようになります。

メールアドレスもgmailやyahooといったフリーメールでなく、
独自ドメインを使ったメールアドレスにすれば差別化も図れます。

 

これは後に記事にして書く予定ですが、
独自ドメインを使ったメールアドレスにしますと、
メルマガを発行する時に有利になります。

このように独自ドメインはホームページを持つ予定でなくても、
独自ドメインとサーバーがあれば、メールサーバーとしても使えるので、
ドメインをメール専用として運営していくこともできます。

まとめ

ドメインの基礎知識ということで書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?

独自ドメインを取得することで、インターネット上での評価もあがり、
より運営期間が長くなればなるほどそのドメインは資産となっていきます。

 

そのため、今後ネットビジネスを進めていく上で
独自ドメインを使ってブログ運営していくことを断然おすすめしています。

自分の好きな名前で取得した世界でたったひとつのドメインですから、
運営していくにつれ、愛着も湧いてきたりするかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • ドメインの基礎知識。難しそうなドメインをわかりやすく解説します。
  • レンタルサーバーとは?サーバーの仕組みから契約方法までご紹介
おすすめの記事
お金のトリビア
お金の知識
今回は前回お話しました お金の歴史についての番外編と題して 「お金のトリビア」 に関する内容を書いていきます。 トリビアですので飲み会のネタ...
世界で一番大切な資産
お金の知識
今回は自分で働いているだけではお金持ちにはなれないということをお話いたします。世の中にはお金持ちと貧乏という人がいます。それぞれの人の違いは...
老後に必要な資金
お金の知識
今回は老後に必要なお金は一体どのくらい? ということをお話していきます。 あなたは老後に準備しておきたいお金はどのくらいなのか、 考えたこと...
紙幣の誕生はまさに革新的なシステム
お金の知識
今回は、紙幣はどのようにしてうまれたのかについて書いていきます。 お金の知識を得るということで、 前回までの記事で「物々交換時代」から始まり...