紙幣の誕生はまさに革新的なシステム

今回は、紙幣はどのようにしてうまれたのかについて書いていきます。

お金の知識を得るということで、
前回までの記事で「物々交換時代」から始まり、
お金(金貨や銀貨)ができるまでをお話しました。

今回はその続きをお話していきます。

金貨や銀貨などの通貨が世に広まるにつれて、
大きな商取引も通貨で行われるようになっていきました。

“大きな取引”ということですから、
たくさんの金貨や銀貨を持ち歩く必要があります。

今の時代でもそうですが、
金貨を大量に持ち歩くのは非常に危険が伴いました。

金貨や銀貨は重いですし、
何よりジャラジャラと目立ってしまい強盗に襲われてしまいます。

これでは安心して大きな取引を通貨で行えないですよね。

そこでどうしたのかと言うと、
人々は信頼のおける大金持ちの家に自分の金貨や銀貨を預けました。

そして「金貨○○枚を預かりました」という預り証を発行してもらいました。

取引相手がこの預り証を持ってお金持ちの家に行くと
金貨と交換して受け取ることができるという方式です。

このように信頼のおけるお金持ちの人がいて、
そこへ預り証を持っていけばいつでも金貨と交換してくれる、
というシステムが誕生しました。

そう、これはまさに現代における銀行の先駆けです。

みんながこのお金持ちの人を信用して、
いつでも金と交換してくれるということがわかり、
信用した時からこの預り証にも金と同じ価値が生まれました。

わざわざお金持ちの家に金と交換しに行かなくても、
預かり証に書かれている額の金と同じ価値の取引ができるようになったのです。

預り証なら大量の金貨を持ち歩く必要も無いですし、
軽くて持ち運びがしやすいため非常に便利だ!
ということで、やがてこの預り証で様々な取引を行うようになりました。

これが紙幣の誕生です。

この時代の紙幣は、お金持ちの家に行けばいつでも金と交換して貰える。
という人々の信用があり実現できたシステムです。

物々交換時代から比べてみると非常に革新的なシステムの誕生となりました。

ここで重要なポイントは
「預かり証を持って行けばいつでも同額の金貨(銀貨)と交換してもらえる」
ということです。

この金を裏付けとする預かり証の発行によるシステムを「金本位制」と言います。

また金を裏付けとして発行された紙幣のことを「兌換(だかん)紙幣」と言います。

この金本位制は、現在の紙幣システムや
最近流行りの仮想通貨の仕組みを理解するのに重要となってきます。

物々交換から仲介物を使った取引へ

仲介物を使った取引から通貨の取引へ

通貨から金の裏付けのある兌換紙幣へ

このようにより便利に取引ができるように進化してきたのです。

以上が「紙幣が誕生するまで」のお話でした。

スポンサーリンク
お金の知識の関連記事
  • 老後に必要な資金
  • お金の知識を身につける勉強会を開催致します。
  • プレイヤーでいてはいけない、今から取り組むべきこと
  • 世界で一番大切な資産
  • 偽物のお金持ちがたくさんいる現実
  • お金持ちになるのに覚えておきたい重要な定義
おすすめの記事
1万円あればできること
コラム
前回、月1万円を節約して貯金するのはやめたほうがいいという話をしました。 今回はさらに追い打ちをかけてしまうかもしれないですが、 「月1万円...
日本の現状と価値観について
コラム
今回は、価値観についてお話します。 価値観というのは普段の生活、環境、人付き合いなど 様々なものに影響されて形成されています。 つまりは初め...
パソコン作業でカラダを壊しました…
マインド
こんにちは。ゆうきです。今回は作業もほどほどに。自分の身の丈以上に根気入れて作業のやりすぎも注意。ということをお話します。先日、パソコン作業...
世界で一番大切な資産
お金の知識
今回は自分で働いているだけではお金持ちにはなれないということをお話いたします。世の中にはお金持ちと貧乏という人がいます。それぞれの人の違いは...
物々交換からお金の誕生
お金の知識
今回は「お金の誕生」について書いていきます。 前々回の記事で 「お金が生まれる以前の話」 というのを書かせてもらいました。 人々が欲しいもの...