ビジネス本や自己啓発本は読むな!

ある経営者さんの話です。

『ビジネス本や自己啓発本は読むな!』

こういったことを書くと
「え?どうして読んじゃダメなの??」
となるかもしれません。

実際、私も時間がある時に書店に寄って、
こういった本を手にとることもあるのですが、
上記で言われている経営者さんがいわんとしている理由があります。

確かにこういった書籍は実際に何か成功を成し遂げた人の経験話が盛り込まれており、
書籍という媒体にしたことで手軽に読め、
さらには世の中にある様々なビジネスや考えが書かれているので、
初心者のうちは勉強になると思います。

ですが、あなたはこういった経験があったりしませんか?

その本を読んで
「勉強になった!」
「ためになった!」
というだけで終わってしまったこと…

これですとただの“自己満足”になってしまうのです。

つまり、その本を読んでただ
“勉強になった”“ためになった”
では意味がなく、
それを自分でどう生かしていくかが重要なのです。

ただやみくもに書籍を読みまくっても時間の無駄なんです。

それではどういったことに気をつければいいのでしょうか?

 

◆その本を読みだしたら最低3回は読み直す

一度読んだだけでは理解度は深まりません。

何度も繰り返し読むことにより、
より内容を理解することができるので
深く理解できるまで何度でも読み直しましょう。

 

◆アウトプットする

知識を得ただけではなんにもなりません。
本を読んだら(=インプット)それを踏まえて、
実際に実行に移してみて結果を出すこと(=アウトプット)
が重要なのです。

内容をまとめてみる、誰かにその内容を伝える、
書かれていたことを習慣にしてみる、などしてみましょう。

これらがまず、最初のステップです。

次に、本に書かれていることから読み取れる
「考え方」
にも着目してみてください。

書かれていたことを実際にやってみることに加えて、
どうしてこのような行動をとるのか?
これをすることでどんなことが起こるのか?
それらを自分で考えていくことでいろんな発見があります。

この発見というのがとても大事でして、
これを繰り返していくことで新しい発想が思いつくようになってきます。

まとめます。

まずはアウトプットをする・考え方を身につける。
これを本を読む際にやってみてください。

本に書いてあることをまずはそのまま真似してみてもOK?

真似についてははじめのうちはいいですが、
ある程度できてきたら今後は
あなた自身があなたらしいスタイル(型)にはめていくことです。

これが発想・思考に繋がっていきます。

冒頭であげました

『ビジネス本や自己啓発本は読むな!』

という意味、わかりましたでしょうか?

要は、ここまでのことを自分でできないのなら、
本なんか読まず、行動できるような環境に身を置き、
正しい道に進めてくれる人のところで学び、
前進していったほうがいい。

ということでした。

その方が圧倒的に早いということですね。

本を読む際には
上記に書いてあることを頭に入れて読んでみてください。
行動力・結果が現れ、みるみる変わっていくのがわかるようになってきます。

是非実践してみてください。

スポンサーリンク
マインドの関連記事
  • 無意識フィルター活用術
  • 良い習慣を身につける実践方法
  • 人は習慣にしてしまえば行動することができる
  • パソコン作業でカラダを壊しました…
  • モチベーションは小さな成功の積み重ねによって保つことができる
  • 意外と足元ってよく見られている!?
おすすめの記事
物々交換からお金の誕生
お金の知識
今回は「お金の誕生」について書いていきます。 前々回の記事で 「お金が生まれる以前の話」 というのを書かせてもらいました。 人々が欲しいもの...
資産形成の基礎知識
お金の知識
今回は「資産形成について」お話いたします。 今までは知っておくべき知識ということで書かせて頂いたのですが、 今回からはより実践的な思考を身に...
専門性に特化し伸ばすことが近道
特化型の重要性
あなたの長所は?と聞かれた時、 すぐ「これです」というものを答えることができますか? なんだか面接のような質問をしてしまいましたが、 実は...