今回のテーマは「お金の歴史」についてお話します。

お金はいつ頃どんな風にできたかご存知でしょうか?

そもそもお金って何故できたのか知っていますか?

今回はお金の出来る以前の話。
そう、物々交換をしていた時代についてお話します。

お金という物が出来る以前の世界は、
人々は必要な物を手に入れる為に

「物々交換」

という方法で欲しい物を手に入れていました。

例えば、自分の釣った魚と相手の山菜を交換してもらうなどです。

こうやって多くの人が物々交換で欲しい物を手に入れるために、
そこに行けば交換したい人達が集まっているという場所が自然と生まれてきました。

それが「市場」です。

市場に行けばいつも誰かしらが何か交換して欲しい人がいる。
という非常に合理的な場所でもあります。

しかし、自分が野菜と交換して欲しいと思っていても、
その時に野菜を持っている人が必ずしも
自分の持っているものを欲しがるとは限りません。

自分は魚を持っているのに
相手が肉を求めていたら物々交換が成立しませんよね。

といったように物々交換は
両者が互いに欲しい物がマッチしていないと成立しない
というデメリットがありました。

まあ、これですと非常に生活が不便ですよね・・・

そこで賢い人達は考えました。

いつでも皆が欲しがるものを持っていれば、
自分の欲しい物が手に入れられる!

賢い人達はさらに考えました。

どのようなモノだと皆が欲しがり、
また物々交換が楽になるのか?

それが以下のようなものだと言われています。

①誰もが欲しがるもの
②持ち運びや保管が便利で腐らないもの

この時代にこれらの条件を満たすものとして選ばれたのが
布、綺麗な貝殻、砂金、稲でした。

布は衣類に、貝殻や砂金は装飾品として、
稲は乾燥すれば腐る事のない保存食として非常に需要がありました。

常に人々の欲しがる布・貝殻・稲を手元に持っておくことで、
肉や魚、野菜、その他諸々と交換する事ができます。

需要の高い仲介物を手に入れることで、
常に欲しい物が手に入れられるようになり、
物々交換は非常に効率的になりました。

このようにして物々交換で欲しい物を確実に手に入れる方法として仲介物が登場し、
市場が賑わい経済が発展していきました。

まさに決済革命ですね!
世の中は常に便利な方向に進化し続けるというのを感じます。

今回はお金が登場する以前の話でしたが、
お金の歴史を解明するのに非常に重要な歴史です。

次回は「紙幣の誕生」の前に「お金のトリビア」についての話をいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事