偽物のお金持ちがたくさんいる現実

前回はお金持ちになるための条件とは何か?
ということをお話しました。

それは“資産と負債の違いを知ること”と言う内容でしたね。


では、それを踏まえて
お金持ちと言われている人が実は偽物のお金持ちである!?
と言うケースを見てみましょう。


もちろんこれは資産と負債の違いを把握した上での判断なので、
一般的にはお金持ちと言えると思いますが、
今回はこの資産と負債の違いに基づきお金持ちかそうでないかということをあげてみます。


例えば、年収が一億円ある人がいるとします。

この人は別荘を持ち、クルーザーと高級車を複数台所有しているとしましょう。


これは見た目で言えば“お金持ち”というふうに取れると思います。

ですが、前回お話した通り、
別荘もクルーザーも高級車も“負債”になるので、
この人は負債をたくさん持っていることになります。


かたや、年収が500万円の人だとしても
上記のような負債を持たない生活を徹底しているとすれば、
マイナスになる要素は少ないですので資産は徐々に増えていくことでしょう。

そうなってしまえば、ウサギとカメで言うカメのように、
年収500万円の人だとしても将来年収一億円の人にも勝てる可能性があるのです。



このことを考えると、お金持ちになりたいという願望を持つ人達は、
お金を手に入れたら負債を持つことに努力している構図がうかがえます。

多くの人がこの負債を買うことに一生懸命なんです。


これは今の日本の学校教育、
メディアから受けている洗脳によるものだと思っています。

学校のシステムというのは、人は社会の歯車となって働いていくという教育でありますから、
学校を卒業したらいつの間にかサラリーマン思考となってしまうのです。


またその親御さんも学校ではいい大学、
いい会社に入るという教育を受けていますので
それがお子さんにも伝わってしまうのです。

このサラリーマン思考ですと、負債を持つためには喜んでお金を使うようになるのですが、
資産を持つということに関してはお金を払いたがらなくなります。

ということは資産を持つための努力もできなくなってしまうです。


社会の歯車として一生懸命働いて、その対価で負債を買う。

こう表現してしまうとこの状況がよくない方向であるということがわかると思います。



私から伝えたいこと、それは

「サラリーマン思考の洗脳を持ってしまった方は、今すぐ解除できる努力をしていってほしい」

ということです。



そのための取り組みとして簡単なところからはじめてみましょう。



まず、今あなたが持っているものは

「資産なのか?」「負債なのか?」

見極めていきましょう。



これはよく考えていけばわかるはずです。

あなたの代わりにお金を生み出してくれるものです。


車や住宅、衣類、時計、ブランド物など…

これらの物はあなたにお金を生み出してくれていますでしょうか?


お金を入れてくれないものならそれは負債です。

負債にお金を払い続けることはやめましょう。



そして、これからは資産を買うことにお金を使っていきましょう。

たとえそれをするのに物凄い努力が伴うとしても貫き通してください。

負債を増やし続けることはこれで終わります。



また、もしあなたがサラリーマンであれば毎月の給料日が来ましたら、
資産を買うために必要な投資用のお金を積み立てていってください。


これはわかりやすく、投資用のお金は貯金や生活費のお金とは別物と考え、
別の口座を作るなどするとよいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

松橋悠希(ゆうき)

東京駒込にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。